ニキビ痕をケアするなら正しい知識を身につけること

ニキビのない肌へ

ニキビ痕が残ってしまった場合

ニキビは炎症が起こる前に、しっかりとケアを行っておくことが大切ですが、ニキビ痕が残ってしまった後でも対処する方法があります。

ニキビ痕のケア

ニキビ痕とは?

ニキビ痕は、ニキビが炎症することによって皮膚に悪影響がでてしまい、傷となってしまったことを言います。ニキビが炎症してしまう前に、ケアを行うことが最善ですが、痕が残ってしまった場合は正しく対処していくことが大切となります。

赤いニキビ痕

ニキビ痕が赤い原因は、炎症が深い所まで到達しているからだと考えられます。こういった状態を改善させるには、肌が正しいサイクルで機能することを助ける必要があるでしょう。つまり、生活改善や食生活の見直しをすることで、新しい健康的な肌を作る必要があります。

色素沈着したニキビ痕

ニキビの炎症によってシミの原因となるメラニンが増えてしまうことがあります。そのため色素が沈着してしまった場合には、肌の周期を待つことで改善されることもありますが、福岡のクリニックを受診して改善したり、自宅にて角質を落とすケアアイテムを利用したりすることも効果があります。

凹凸になったニキビ痕

ニキビ痕が凹凸になってしまった場合、長期にわたりケアをする必要がでてきます。お肌の機能のサイクルを待つことで凹凸が少なくなることはありますが、大きく改善を図るのであれば福岡のクリニックを利用して、ピーリングの施術を行うことでしょう。

広告募集中